チアフル鳥取1部リーグ昇格に向けて出発しました〜S/JリーグⅡ〜

鳥取にはチアフルがいる

女子バドミントンチームのチアフル鳥取は明日から栃木県で始まるS/JリーグⅡに挑みます。

コロナの影響でしばらく練習や試合がキャンセルとなる中、選手自身モチベーションを保つのが難しかった時期もありましたが、10月に行動規制などが緩和されようやく動き始めました。

出発を前に選手達は交代でケアに来られましたが、どの選手も程よい緊張感は持ちながらもどこか楽しそう。

「試合が出来るのが嬉しい」と話されていたのが印象的です。

施術を受けるタイミングは各選手たちに任せていますが、出発の2,3日前には午前、午後、夕方からすべてチアフルの選手ということも珍しくなくなりました。

試合前(試合後も)にしっかり疲労を取っておくことはとても大切なこと。
今回は長距離の移動と、試合期間が少し長いということで、帯同できないけどこんな形で気持ちだけは付いていこうとお渡ししたものがあります。

〈ブレンドオイル〉
試合日程が1日延びたことで各自セルフケアをする時間ができそうとお聞きしたので、それぞれに作製しお渡ししました。

試合が終わってからも交感神経が優位の方は多いです。
その日が最終日であれば構わないけど、翌日以降も続くのであれば少しでも早く副交感神経に移行させるのはとっても大切。
そうでないと、食欲がなかったり、眠れなかったりするので…。
オンとオフの切り替えにアロマはとても役立ちます。

スポーツケアにアロマを取り入れることの最大のメリットは、身体と心(メンタル)、両方同時に行える事。
オイルを使う施術は適度に圧をかけながら筋肉と筋膜を延ばし、マッサージしていきます。
血流やリンパの流れを促し、疲労回復や、怪我やスポーツ障害の予防に役立つことができるのです。
最近は寒さが増してきたので、ホットストーンも取り入れて、身体を芯から温めています。

普段の施術では心身の状態を見聞きし、こちらで選ぶことも多いですが、今回は選手の好みのものを。
しばらくケアを続けていると、それぞれ好きなアロマが見えてきます。
今ではそれがお守りのような役割にもなっている方も。
それと不思議ですが、みんなが日本産精油を選んでくれるという(嬉

cut oranges

〈アロマスプレー〉
リラックスやリフレッシュ用として。
抗菌・抗ウイルス作用、消化器系によいとされるアロマをブレンドしています。
ルームスプレー、マスクスプレーなどに使っていただきます。

〈コンブチャ〉
コロナが少し落ち着いたとはいえ、外食にはなかなか出られないかもしれない…。
という声を聞きました。
どれほどの役に立つかわからないけど、発酵ドリンクで腸内環境が整いますように…。


1部リーグの昇格が目標ですが、無事に全試合を全力で消化できますように。