ミズメファンはアスリートだけじゃない

アスリートケアにたびたび登場するミズメザクラという名の精油は、日本の森に生息しているカバノキの仲間。

桜の樹皮に似ていることから名前に入っているのだけども、香りは湿布のそれです。
アロマって、いわゆるいい香りだけではなくて、目的がしっかりはっきりしているものも存在しています。

ミズメザクラはサリチル酸メチルという成分がほぼ100%。
腫れをとり、痛みを和らげる成分です。

が、

日本では精油はあくまでも雑貨としての扱いとなるので、効果効能を謳うことはできません。
成分が成分なので人によっては使えない場合もあるのでカウンセリングは必須。
出番は多いけど、慎重に扱っています。


チアフルの選手の中でも「今日は身体しんどいんで、例のアレでお願いします」とリクエストが入ることもあるほどですが、一般のお客様でも「湿布の匂いのやつじゃないとダメ!」と言われる方もおられます。

私自身もお守りがわりに近くに置いているミズメザクラ。
人のケアばかりで自身の身体はそっちのけなので頼ってしまいたい時もある。
多用はしないけど、ここって時はやっぱりミズメがいい。

当店でもお取り扱いしています。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。