余韻に浸りつつ…4年後を考える。

ラグビーW杯2019、日本の戦いが終わってしまいました。
対戦相手は前回大会で勝った格上の南アフリカ。
前半、結構いい感じじゃないかって、にわかファンなりにも期待していたけど、
後半の南ア強かった…。
もっと有志を観ていたかった…。
個人的には田中ふみさんをも少し早く交代してほしかった…。

今日の結果は残念だったけど、結果としては最高のベスト8に入ったし、
世界ランキングが6位まで上がったってことは本当に、本当に凄いことで、
だからこそ、今回の代表メンバーって最強だったのだなと改めて思います。
試合終了後の選手の涙を見てはもらい泣きをしたけど、
観客席に挨拶に回っている途中から笑顔に変わっていく姿を見て、
なんだかほっとしたりして。

とはいえ、W杯はまだ続いております!
次は準決勝、オールブラックスvsイングランド。
最後まで観ます!!




と、同時に次の代表メンバーは誰が残るだろう?って途中から考えてた。
すでに2020年のトップリーグの日程を眺めております。



あとですね、
オープニング時から気になっていた日本選手の左腕に巻いていた黒いテープ。
きっと平尾誠二さんに対しての喪章(今日が命日)なんだろうって気付いて、
ひとり感極まっておりました。