明日八朔(ハッサク)の蒸留を行います

この季節は蒸留したいものがたくさん集まってきます。

昨年に引き続き、若桜町のギャラリーカフェふくさんとのコラボ商品「谷の香り」作りが今年も進んでいるのですが、香り作りに欠かせない精油を抽出するために大量のヒノキとローリエがまだラボにたくさんあります。

ようやくヒノキは終わりが見えた頃だけど、ローリエは全くの手つかず。
3〜4回転させないと終わらないかな。

とはいえ、道沿いにたわわに実る柑橘を見るとどうしてもしたくなる蒸留。
いい香りなのを知っているから、最前線で嗅ぎたいわけです。

とりあえず皮は剥いたので明日午前中にしてみようと思います。

それが済んだら、残った果実をどうにかしてみよう。
思ったより酸っぱくなかったのでそのまま食べる?
ジャムにする?
ゼリー作る?
ウォッカに漬ける…?

今日は定休日。
小波予報となっていましたが、なんとなくできそうだったから午前中海へ向かいました。

普段施術をしていて、お客様から何かを「もらう」ことはないけど、アーシングの意味を込めて…といえば聞こえがいいけど、単純にサーフィンが好きなだけです。

最近平日でも混み合うようになってきましたが、今日は本当にローカルのみ。
最高にまったり出来ました。

私にとってサーフィンは一人で行くもの。
生活リズムの中でスキマ時間に海へ行く。

ローカルの子たちはたいてそんな感じで、待ち合わせなんてほぼしない。
その日、一番良いところへワラワラと自然に集まってくる。
今日はそんな日でした。

気の知れた仲間のみで、陸にいる時と同じ大笑い。
誰を気にするでも、気を遣うでもなく。
こんな日が続くといいな。