痛い施術に出会ったお客様の話

お客様の中に「以前受けた〇〇では痛くて・・・」という方が結構おられます。
先日来られた方もその一人。
お店の名前は伏せますが、実質触れて行う施術は数分のところです。
たった数分しかないのに「痛いからもう止めて」と中断。
当然継続もせず通院は終わりとなったそうです。

ジャンルは違えど、同じ施術者として悲しい。。

私も独立する前に同じ形態の所で仕事をしていたのでどういう内容だったかはだいたい想像がつきます。
短い時間の中である程度結果を出さないといけないというのはなかなかのプレッシャー。
でも、だからと言って力任せにすればOKでしょ?ということでもない。。

お客様自身が「強くしてもらわないとやってもらった気がしない」という方がおられるのも事実なので、全てを否定するつもりはありません。
お互いが理解していれば問題はないけれど、そういう時ばかりではないですから。

施術の途中での力加減を聞くというのは初歩的だけどとても大切なことだと思います。
もみ返しが来た時にトラブルとなるか否か、すべてはコミュニケーション。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。