身近な植物でクリスマスリース作り〜海上がりのすごし方〜

毎朝目覚めたらとりあえず波情報を見るのが習慣になっています。
この日は小波予報で波乗りには厳しいかと思っていたけど、とある情報を見てできると確信し向かいました。

普段はないものを車に積んで出発。
・剪定ばさみ
・ワイヤー
・リースの土台

そう。
リースを手作りしてみようと、準備したもの。

そろそろ11月も終わる頃でクリスマス飾りをされている方も思いますが、うちのお店ではまだ何もない。
店内はそれほど広くないからツリーのように大きなものは置けないし、とはいえ何もないのもなんとなく寂しい気もする。
小ぶりのリースくらいなら・・・と数日考えてた。

どこかで買うか?とお店を回ったりネットで物色するも、なんとなくしっくりこない。
そこでふと思いついたのが「自分で作ればいいじゃないか」と。
今まで作ったことないから材料の調達やら必要な道具やら、何から何までわからない。

そういえば・・・今年から黒文字の様子を見せてもらうようになった山(通称N山)があったと思い出した。

N山にはヒノキが多く植わっていて、それを土台に巻きつけたらいい感じじゃないかなと。

その前にサーフィン・・・♪
この日は天気が良く、早朝は放射冷却で冷え込んだけど到着の頃にはポカポカ陽気。
風もなく小波予報だったので人もいない。
ちょうど友人が入るところだった。

波待ちしながら友人にリース作りの話をしたら「私もしたい!」となって、海上がりに一緒に作ることに。

2時間ほどで上がって、着替えている途中ふと車の周りを見るとユーカリの葉っぱに似た植物がたくさんある。
友達話したら「ハマゴウだよ」と教えてくれた。
葉っぱの形は少し丸っこくて、どことなくユーカリに似てる。
季節がら色も緑ではなくところどころ紅葉(?)してる。
色味がなんとも好み。
と、思った途端にハマゴウを中心にその場で材料を揃えることに。

私が土台を用意していたけど、友達のがないなぁとうろうろしていたら、ちょうど目に留まった蔓。
なんの植物なのかはわからないけど、それを適当な長さに切ってグルグル巻き、ワイヤーで固定して土台が完成。
後は何かの実とか、なんか色々使えそうなものが結構あって、ひたすら作業を続けた。

とはいえ、材料が揃ってからは多分30分ほどで完成。
無心になるこういう時間て大切だなと友達とも話してた。

なによりも、形になったリースを見て満足感、充実感。
作業中波も良かったけど、それよりも楽しめた時間だった♪

これがどのくらい保つかわからないけど、変化を楽しみたいと思います。