今日は午後からお休みして普通救命講習Ⅰ受講しました

昨年、SUPA一般社団法人日本スタンドアップパドルボード協会のベーシックインストラクターを取得しました。

ガイド自体は一昨年から出ているけど回数はそう多くはありません。
けど、体験者の方に少しでもわかりやすく、何より安全に過ごしてもらえるようにと取ったものです。

インストラクター資格を取得するのには救命講習を受講しないといけないのが条件なのだけど、このコロナ禍で中止とか、参加者制限があって申し込みに間に合わなかったりとかで延び延びになっていました。

今年こそ、シーズンが始まる前に受けたいなと思っていたので嬉しいです。

講習時間は休憩をはさみながら3時間。救命処置の流れを確認したら早速実技に入ります。

1 心肺蘇生の手順
 ・反応を確認する
 ・119番通知とAEDの手配
 ・呼吸の確認
 ・胸骨圧迫

2 AEDの使用手順
 ・AEDの到着と準備
 ・心電図の解析
 ・電気ショック

3 ファーストエイド
 ・回復体位
 ・止血法
 ・火傷
 ・骨折、捻挫、打身

約2時間ほどは実技で身体に覚えさせます。
何がしんどいって胸骨圧迫を続けること…。

身体が小さい私にとっては本当に大仕事。
実際現場に出会ったらどれくらい冷静に対処できるだろうと思いながら必死でした。

今はコロナ禍ということもあり、これまで胸骨圧迫とセットで行われていた人工呼吸はなくなっていて、声掛けの仕方もあまり近付かないように、など若干の変更がありました。

実際使わないよう祈るばかりですが…。
今年も無事に終わりますように。

AEDを置いているところって増えてきたと思うけど、いざとなるとわからないもの。
そこで「AEDマップ」というアプリを教えてもらいました。
全国の設置箇所が簡単に検索できるので、気になる方はインストールしておいてもよいと思います。

wish to the sea ✕ THE MILL’S フェアトレードコーヒーセット販売のお知らせ

brown coffee beans

自然に優しい植物性のサーフワックスを作りはじめて数ヶ月。この小さな取り組みを地元で見てくれていた友人から声がかかりました。
(当店はアスリートケアサロンですが、自身がサーファーであることから環境に配慮した商品を製作、販売しています)

鳥取市の老舗珈琲店、鳥取珈琲館のTHE MILL’Sと、TOTTORI COFFEE LOASTERからコラボレーションのお誘い。

もともとサーフワックスの収納ケースとして販売していた竹製の容器があったのだけど、「これにフェアトレードコーヒーを詰めたギフトを作ろうよ」って。ちょうど5月はフェアトレードコーヒー月間だそうです。

フェアトレードという言葉、昔に比べたら聞く機会も増えたかもしれないけど、まだまだ知らない人も多いはず。コーヒーの話で言えば、開発途上国で生産される機会の多いコーヒー豆。ほとんどの豆は木から手作業で摘み取られるところから始まります。その後、出荷されるまでにもさまざまな工程を経て手間がかかっているのに、価格は国際市場で決められるため生産者の多くは公正な利益を取れないまま、言われるがまま取引をせざるを得ないこともあるそう。

そんな状況を防ぐために彼ら(農家)が生活が送れるように公正であること、継続して取引を続けることなどの配慮された商品がフェアトレード。購入することで生産環境や農家さんの生活環境の向上につながります。

今回は有機JAS認定オーガニック珈琲、フェアトレードのコロンビア「マイルド」「ビター」の2種を詰めていただいています。

〈マイルド〉
酸味と苦味のバランスの取れたコーヒー。後味はミルクチョコレートの様なマイルドテイスト。

〈ビター〉
ほろ苦さを楽しめる深煎りのコーヒー。後味はビターチョコレート様です。

個人的にはビターが好み。

お問い合わせはTHE MILL’SまたはTOTTORI COFFEE LOASTERまでお願いします。